キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元
年末年始の発送スケジュールについて

駄賃の意味とは?

 

「駄賃」には馬に関連する由来があった!

お使いなど、ちょっとしたことを頼んだ時に支払う対価のことを「お駄賃」と言いますよね。
もとは人や荷物を馬に載せて運ぶ際の運賃の事を「駄賃」と呼んでいたそうです。

馬1頭に負わせる荷物の量を「1駄」と数え、江戸時代には1駄=36貫(約135キロ)と決められていました。

こういった経緯から、漢字に「馬」が入っているのですね!

posted by 江戸monoStyle

タグから探す

PV数記事ランキング

  • 新規会員登録で500ptプレゼント
  • LINE@
検索

贈るシーンから探す

工芸品から探す

ブログ&コラム

  • ギフトラッピング
  • 世界に一つの名入れ
  • 木箱へメッセージ入れ
  • 法人様

店長あいさつ

店長からのごあいさつ

はじめまして。店長のLeiです。
本日は、数あるショップの中から当店をご覧いただき、誠にありがとうございます。

皆様は「伝統工芸品」についてどのようなイメージをお持ちですか?あまりよく知らないという方、少し敷居が高そう、と感じられる方も多いのではないかと思います。
江戸monoStyleでは「伝統×現代のライフスタイル」を合言葉に、普段の生活にもなじみやすいMade in Japan品質の伝統工芸品を取り扱っております。

→もっと詳しく知りたい方はこちら

お買い物ガイド SHOPPING FLOW

Copyright © 江戸monostyle. All Rights Reserved.