そろばん

 

江戸時代に使われていた数を数える時の文字とは?

数を数える時、現在の日本では「正」の字を使うことが多いですね。
日本以外の漢字圏でも同じくこの字を使うそうです。

正正正正正正正 ・・・

見やすい字形で、とてもわかりやすいですね♪

しかし、この数え方が一般的になったのは明治時代以降。
江戸時代までは「玉」の字を使っていたそうです。

玉玉玉玉玉玉玉 ・・・

見慣れないせいでしょうか、ちょっと違和感がありますが(笑)
数える際には通常の書き順ではなく、横に3本の線 →縦の線→点と書いていたそうです。

数の数え方

 

「玉」を使っていた理由は、商人の使うそろばんの「玉」に由来しているのではないかと言われているそうですよ。
言われてみると、なるほど!と納得です(^v^)

ちなみに、海外でよく使われるのはTally(タリー)と呼ばれるこの方法。

数の数え方 タリー

5を1つの単位として数えるのは共通なのですね!

posted by 江戸monoStyle