一富士二鷹三茄子

 

今年も残りわずかとなりました!
お正月の準備に忙しい方、帰省される方、旅行に行かれる方などなどいらっしゃるかと思いますが、みなさまいかがお過ごしでしょうか(*´艸`*)

 

縁起の良い初夢「一富士二鷹三茄子」とは?

お正月に良い初夢を見ると縁起が良いと言われます。
「一富士二鷹三茄子(いちふじにたかさんなすび)」という諺がありますが、これは江戸時代から言われるようになった言葉だそうです。

1番目の富士山は日本一高い山、そして「不死」や「無事」につながり、不老長寿を表すとされます。
2番目の鷹は賢くて強く、そして「高」「貴」につながり、出世の意味を持ちます。
そして3番目の茄子は事を「成す」につながり、やはり良い言葉とされています。

起源は徳川家康の出身地である駿河国の中で高い物の順、つまり富士山、愛鷹山、初物の茄子の値段であるとか、家康が富士山、鷹狩り、初物の茄子を好んだため、などの説があります。

 

「初夢」はいつ見る夢のこと?

ところで、「初夢」っていつ見る夢のことだか、ご存知ですか?

江戸時代には大晦日から元旦にかけての夜に見る夢が「初夢」とされたそうですが、明治時代以降には2日から3日にかけての夜に見る夢と考えることが多いようです。

1日の夜とする考え方もあるようなので、大みそかから三が日まで、どこかで縁起物が夢に出てきたら良しとしてもいいかもしれませんね(笑)

実はこの諺にはまだ続きがあります。

 

一富士二鷹三茄子の続きとは?

一富士二鷹三茄子(いちふじにたかさんなすび)
四扇五煙草六座頭(しおうぎごたばころくざとう)

扇は末広がりの形から、煙草は煙が上昇することから、座頭は「毛がない=怪我ない」の掛詞から、それぞれ縁起の良いものとされているそうですよ。
どれかが夢に出てきたら、いいことがありそうですね♪

今年も1年、江戸monoStyleをご愛顧いただき、ありがとうございました。
まだまだ至らない点も多々ございますが、みなさまのお声を糧に、2017年も頑張ってまいります!

みなさま、良いお正月をお迎えくださいませ(*^-^*)
そして素敵な初夢が見られますように♪

posted by 江戸monoStyle