東京手描友禅染額 十二支

 

東京手描友禅染額「十二支」

高級な着物を染める技法である伝統工芸「東京手描友禅」の作家による十二支の染額です。

ひとつの円の中に十二支すべてを描くことで、人との縁や和が表現されています。
リビングや会社の応接室などにおすすめです!

 

東京手描友禅染額「十二支」

東京手描友禅染額「十二支」

 

 ⇒東京手描友禅染額「十二支」 詳しくはこちらから