こいのぼり

 

立身出世の象徴!こいのぼりの由来とは?

みなさま、ゴールデンウィークいかがお過ごしでしょうか?
本日5月5日は「こどもの日」!「端午の節句」でもあります。
端午の節句に欠かせないこいのぼりですが、その由来をご存知ですか?

もともと、端午の節句には季節の変わり目に無病息災を願う行事が宮中で行われていました。
その際に邪気払いとして使われていた菖蒲(しょうぶ)の葉が刀に似いることから、武士の間で端午の節句が大切にされるようになりました。

鎌倉時代になると菖蒲=「尚武(武道・武勇を重んじること)」や「勝負」の語呂合わせから、兜などを飾り、次第に男の子の健やかな成長を願う行事へと変化していったようです。

 

名所江戸百景 水道橋駿河台

さらに江戸時代になると、将軍家に男の子が生まれた際に家紋の入った「のぼり」を立てる風習ができました。
当初は武家の中だけでの風習でしたが、次第に財力を持った町民もその真似をするように。
しかし、ただ真似をするだけでは面白くない!ということで工夫されたのが「こいのぼり」です。中国の故事に「滝を昇り切った鯉が龍になる」という伝説があり、それに倣って立身出世を願ってこいのぼりを飾るようになったそうですよ♪

伝統や風習には、さかのぼっていくと必ず意味があるのですね(^v^)
こういった文化を大切にしていきたいとあらためて思います!

posted by 江戸monoStyle