除夜の鐘の由来とは

 

除夜の鐘を鳴らすのが108回の理由とは

大晦日の風物詩と言えば、除夜の鐘。
108回鳴らすのには、①人間の百八の煩悩を表している
という由来が有名だと思いますが、
そのほかにも②1年を表すという説や、③四苦八苦を取り払う
という意味があるという説もあるそうです。

②の「1年を表す」は、1年の月の数12に二十四節季の24、七十二候の72を足すと108になるというもの。
③の「四苦八苦を取り払う」は、4×9+8×9=108になることから。
なるほど!と妙に納得してしまいました。

除夜の鐘を聞きながら、静かな気持ちで新年を迎えるのはとても良いものですよね。

posted by 江戸monoStyle