七草がゆ

 

1月7日は七草の日、人日(じんじつ)の節句

1月7日の七草の日には七草がゆを食べる風習があることが知られていますね。

七草がゆの起源は平安時代と言われています。
もともと日本には「若菜摘み」と言って、雪の間から顔を出す新芽を摘み、新しい息吹を取り入れて寒い時期を健康に過ごそうと願う習慣がありました。
それに中国から来た「人日の節句」の風習が加わり、今のように七草粥を食べる習慣ができたそうです。

 

春の七草の種類は?

七草の種類は地方によって若干異なることがあるそうですが、多くの場合、セリ・ナズナ・ハコベラ・ホトケノザ・ゴギョウ・スズナ・スズシロと言われています。
最近ではスーパーなどで七草粥セットとしても売られていますので、比較的手に入りやすいですね。

お粥はあまり好きでない…という方には、七草雑炊も簡単にできて良いそうですよ♪
こういった日本の風習を大切に守っていきたいものですね(*^_^*)

posted by 江戸monoStyle